TOP >>

ホームページ作成

稼ぐためにホームページを作成する方法を紹介しています。

まず、ホームページを公開する場所として「サーバー」が必要です。

広告が入るかわりに無料で借りられるサーバーから自分で自由に使える有料のサーバーまでいろいろとあります。

稼ぐにはもちろん有料サーバーがおすすめですが、初めてホームページを作る方は無料のサーバーを借りることをおすすめします。

また、ホームページを作るのは面倒な方はホームページのかわりにブログで稼ぐこともできます。

ブログの場合は興味を引く記事を書くことはもちろんなるべく多く更新した方が有利になります。 更新の回数を増やし、長く続けるには自分の興味のあるジャンルや得意分野でブログを開設することが重要です。

無料サーバー

広告は表示されますが、無料で借りることのできるサーバーです。

中にはデータベースも利用できるサーバーもありますので上級者の方も十分に利用できます。

ただ、やはりサイトが大きくなってくると容量やレスポンスが気になってくると思います。

最初は無料サーバーを利用して、収入が増えてきたら有料サーバーで稼ぐのがおすすめです。

無料サーバーはアフィリエイト(広告を貼ること)が禁止事項になっているところもありますので注意してください。

当サイトでご紹介する無料サーバーは基本的に広告OKのものです。

有料サーバー

ある程度収入ができてきたらそれを元手に有料サーバーを借りてみることをおすすめします。

どこで借りるかにもよりますが容量の大きさやレスポンスが大幅に良くなります。

データベースも大体のところで利用できますので、サイトを大きくしたい方はぜひ挑戦してみてください。

当サイトでもデータベースの使い方も解説していく予定です。

HTML作成ツール

「HTMLなんてわからない!」という方でもツールがあれば簡単にサイトが作れます。

特に初めてサイトを作る方は利用してみると簡単にサイトが作れることが良くわかると思います。

ツールを利用すると、どうしても手入力でHTMLを書くよりもサイズが大きくなる傾向があります。

また、微調整が必要な場合には手入力の方がやり易い場合もあります。

利用者が便利なように軽く手の行き届いたサイトを目指すには多少HTMLの知識があると他のサイトと差別化が図れると思います。

当サイトでもHTMLの解説をしていく予定です。

画像作成ツール

サイトを作成したことがある方はわかると思いますが、画像があると見栄えが大分違ってきます。

無料素材のサイトから画像をダウンロードし、利用するのも良いのですが、せっかくなので自分だけのオリジナルの画像も作成してサイトを飾ってみましょう。

素材サイト

よくある素材は自分で作るよりも素材サイトのセンスの良いものを利用した方が見栄えが良い場合があります。

自分で作る楽しみは減ってしまいますが、やはりキレイなもの、センスの良いものが多いです。

素材サイトにあるものを参考に自分で作るのも良いですし、素材サイトからいただいて利用するのも良いでしょう。

素材サイトによっては利用する場合にはリンクを貼ることが条件にあったり、アフィリエイト等で利用が禁止されていたりしますので素材サイトの注意書きを良く読んでから違反しないように利用させてもらってください。

さくらインターネット

月額が最低125円から利用できる格安のレンタルサーバーです。

独自ドメインの利用ももちろん可能で、プランによってはデータベースも利用可能です。

さらに、メールや電話での無料サポートがあり、2週間お試し期間があります。

オンラインサインアップで簡単にすぐに利用できます。

L [PR] @ďAEx ₦΍@킯菤i ^T[o[